適量のお酒は体にいいか?

おはようございます。今朝こんな記事を見ました。
日本人を対象とした研究の、とくに男性において、非飲酒者と比べて、少量飲酒者のほうが、総死亡、がん、心血管疾患のリスクが小さいことが示されています。海外の研究でも、とくに心血管疾患については同様の現象がみられます。単純に解釈すれば、少量の飲酒(日本人では、だいたい1日につき酒なら1合、ビールなら中瓶1本未満ぐらい)は体に良いということになりますが、注意が必要です。少量飲酒者のリスクが小さいとしても、少量の飲酒が小さいリスクの原因だとは限らないからです。相関関係があるからといって因果関係があるとは限りません。もしかしたら、因果関係が逆で、もともとリスクの小さい人が少量のお酒を飲んでいるのかもしれません。いま現在お酒を飲む習慣のない人の中には病気のためにお酒を止めた人が含まれ、そういう「禁酒者」のリスクが大きいことはわかっています。最近の研究では、かつてお酒を飲んでいたけど今はやめた禁酒者と、はじめからお酒を飲む習慣がなかった「非飲酒者」を区別して集計していますが、非飲酒者の中にも健康に不安があるため飲酒する習慣がなかった人が一定の割合で存在するでしょう。そうだとしたら、非飲酒群の見かけ上のリスクを上げることになります。また、少量飲酒者のリスクが小さいのは、少量のアルコールが体に良いからではなく、他の健康に良い生活習慣と関係しているから、ということもありえます。少量でも飲酒している人たちは、非飲酒者と比較して、お酒をたしなむだけの経済的余裕がある可能性が高いです。経済的余裕は、飲酒だけではなく運動や野菜の摂取などといった他の生活習慣とも関係し、そちらが小さいリスクの真の原因かもしれません。飲酒と各種リスクの関係を調べる研究では飲酒以外の要因の影響をなるべく取り除くようにはしていますが、影響をゼロにすることはできません。なので、結果の解釈にはあいまいさが残ります。少量ならお酒は体に良い可能性があるとまでは言えますが、断言はできません。いまお酒を飲んでいない人は、健康を目的として少量を飲酒を開始することはお勧めできません。大量飲酒が体に悪いとは断言できますので、健康になりたい人は禁酒もしくは酒量を減らすことをお勧めします。※朝日新聞デジタルより抜粋
こんな記事を見ても気にせず明日からも変わらず大好きなお酒飲み続けますwもう年末分まで楽天市場でケース買いしちゃったしwただ飲みすぎには気を付けます!じゃ仕事してきます!

スイッチ本体ほしいなぁ~
もつ鍋食べよう!

関連記事一覧

事件

おはようございます。 先日の神奈川県座間市の9人殺害事件怖いですね。何故こんな恐ろしい事が出来るのか理解不可能ですね。 ところでこの事件に関...

一足先に・・・

おはようございます。昨日は特別に身内で一足先にカニ本家にカニを食べに行きました。お昼のランチなのですがお昼のかに会席というものを注文しました...

ディズニークリスマス

こんばんは!今日ニュースを見ていたら明日からディズニーリゾートはクリスマス・ファンタジー開催みたいですね! 12月25日まで開催です。はい毎...

ただいま

こんばんは!ただいまです。今しがた2泊3日の社員旅行より帰宅しました。実は地元には7時くらいには戻っていたのですが打ち上げ?の飲み会があった...

モーリーファンタジー

皆さんお久しぶりです!久々の更新になってしまいました。 仕事が忙しくブログをサボってすみませんでした(笑) 今日は子供たちとイオンのゲーセン...